メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

福島第1原発事故 福島原発告訴団長・武藤さん京都講演/上 公判資料基に旧経営陣追及 /京都

東京電力の旧経営陣に対して福島第1原発事故の刑事責任を問う取り組みを語る福島原発告訴団長の武藤類子さん=京都市中京区で、太田裕之撮影

 2011年3月の東京電力福島第1原発事故で東電の旧経営陣3人の刑事責任を問う「福島原発告訴団」の団長、武藤類子さん(65)=福島県三春町=がこのほど京都市内で講演した。東京地裁での公判で示された証拠や証言に基づき、原発事故を起こした大津波地震は予見できたのに経営陣が対策を怠った経過を順序立てて説明。約150人の聴衆を前に、事故から8年になる今も苦しみを負わされている人たちの思いと、被害を覆い隠そうとする動きへの懸念を語った。2回に分けて紹介する。【太田裕之】

 ■被害の訴え

 強制起訴された被告3人は勝俣恒久元会長、武黒一郎と武藤栄の両元副社長。業務上過失致死傷罪に問われ、昨年12月に禁錮5年を求刑されている。

この記事は有料記事です。

残り3036文字(全文3344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ビルじいさん」世界最高齢のハシビロコウ死ぬ 伊豆シャボテン動物公園

  2. 新型コロナ 新たに65人が感染 所沢の病院で4人死亡 /埼玉

  3. 首相会見「官邸職員が記者の腕つかむ」朝日新聞社が抗議 官邸側は否定

  4. 「うがい薬発言で現場混乱」 大阪府歯科保険医協会が吉村知事に抗議

  5. 広島に同行した官邸記者が聞きたかった首相の本音 「核のない世界」への決意は…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです