写真展

羅漢の「いい顔」を味わう 毎日新聞記者撮影 城陽 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 毎日新聞京都支局兼写真部の川平愛記者撮影による写真展「愛宕(おたぎ)念仏寺と嵯峨」(公益財団法人城陽市民余暇活動センター主催)が城陽市の文化パルク城陽プラネタリウムのロビーで開かれている。約1200体の石像が並ぶ京都市右京区の愛宕念仏寺の羅漢と、紅葉など嵯峨周辺の風景を写した23点を展示している。

 無料で31日まで(月曜と22日は休館)…

この記事は有料記事です。

残り57文字(全文227文字)

あわせて読みたい

注目の特集