メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

公開学習会

戦争体験を生々しく語る 市民団体が大阪・西区で /大阪

空襲で「死ぬかと思った」と恐怖を語る辻村幸子さん=大阪市西区新町1で、亀田早苗撮影

 市民団体「鳳仙花(ほうせんか)・平和会議」の公開学習会が3日、大阪市西区であり、「戦後の転換点1968年から見る-沖縄・憲法・原発は今」をテーマに今につながる問題を考えた。

 元毎日新聞記者の藤田昭彦さんは、1968年の世界と日本の出来事を振り返った。

 ベトナム戦争下の同年1月、当時のベトナム民主共和国(北ベトナム)のテト(旧正月)攻勢が米国に打撃を与えた。学生運動が世界的に盛り上がり、日本でも東大紛争、反安保闘争などがあった。イタイイタイ病や水俣病が公害病に認定されるなど、社会…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. インドネシア選管「職員119人死亡」 大統領選と総選挙で「過労」
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  4. 韓国警察、「JYJ」ユチョン氏の逮捕状請求へ 麻薬使用容疑で
  5. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです