メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

久留米市役所

窓口、多言語で対応 外国人増加、電話通訳サービス導入へ /福岡

 久留米市の大久保勉市長は市議会一般質問で、来年度に市役所の窓口で多言語に対応する電話通訳サービスを導入する方針を明らかにした。外国人が増加する中、市民サービス向上の一環として関連予算41万円を2019年度一般会計当初予算案に計上した。

 田中良介市議の2月27日の質問に答えた。市市民課によると、電話で通訳サービス会社を通じて対応する。…

この記事は有料記事です。

残り254文字(全文422文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです