メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

かえんそや

桃の節句、晴れ着で作法や礼儀学ぶ 薩摩川内 /鹿児島

 晴れ着をまとった少女がお菓子を持ち寄り交換し合う桃の節句の行事「かえんそや」が2日、鹿児島県薩摩川内市入来町の明治の屋敷「旧増田家住宅」(国重要文化財)の庭であった。

 江戸時代から続くとされる伝統行事で、武家屋敷群保存に取り組む「入来麓伝建地区保存会」と地元の清色地区コミュニティ協議会が継承してき…

この記事は有料記事です。

残り172文字(全文322文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅原経産相指示「この人はカニ、この人はイクラね」 立憲が元秘書の音声データ公開

  2. 「イノシシが園内に」 台風の影響で移動か 東京・国営昭和記念公園が臨時閉園

  3. 「職員室が怖かった分、子供といる時間幸せで…」いじめ被害教諭メッセージ全文

  4. 近江・林ドラフト指名なし「3年後は必ず」 決意胸に社会人の強豪西濃運輸へ

  5. 「即位礼正殿の儀」に合わせ政令恩赦を閣議決定 対象者は55万人

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです