メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

そこが聞きたい

大震災後の創作とは 俳人・高野ムツオ氏

 東日本大震災からまもなく8年。被災地では到達点の見えない復興作業が今も続いている。震災は俳句をはじめとした文学にも大きな影響を与えた。宮城県を拠点に創作活動を続けている俳人、高野ムツオさん(71)に大震災という非常時を経た「言葉の力」について聞いた。【聞き手・森忠彦】

伝わる言葉、次世代に

--8年前。まずは、あの日のことを思い出していただけますか。

 午前中、東京でテレビの仕事をして仙台に戻り、駅前の地下の居酒屋で教え子たちと談笑していました。突然…

この記事は有料記事です。

残り2807文字(全文3032文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. 首相、施政方針で「台湾」に言及 異例の演説、どよめきと5秒間の拍手も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです