メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雨のち晴れ

営業職員の仕事、理解足りず 明治安田生命保険社長・根岸秋男さん

明治生命大宮支社上尾西営業所長時代の根岸秋男さん=提供写真

顧客の期待、現場に答え

 専攻の数学を生かしたくて、保険料率の算定や、会社の収益・健全性の数理的予測を行う「アクチュアリー」として入社しました。複雑な収益構造を分析して助言、提言をする役割なので、会社の良い面も悪い面も見えてきます。入社10年ぐらいがたち、自分の中で経営についての疑問が大きく膨らみました。

 最大の問題は、「保険契約が続かない」「営業職員がすぐにやめてしまう」ということでした。僕は生意気な男で、上司を通り越して部長や役員にも意見を言っていました。でも、先輩たちから「営業やっていないやつが何を言うか」と言われたのはつらかった。アクチュアリーとしての限界を感じました。

この記事は有料記事です。

残り919文字(全文1210文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東日本大震災 大阪と被災地、続く交流 学校や伝承施設訪問 堺工科高定時制生徒ら /岩手

  2. 一緒に飲み明かした女性に「家に送って」と誘われ…男性を陥れた巧妙手口とは

  3. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

  4. 学術会議任命拒否 「100%デマですやん」 ある日ウィキペディアに自分の名前が載ってしまったら…

  5. 「山を一つ動かしたかな」桜を見る会問題追及、田村智子参院議員に聞く

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです