メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医科大

不正入試 寄付金約束で合格 「暗黙の了解」推認 第三者委報告

 東京医科大(東京都)の不正入試問題で、同大は4日、第三者委員会の追加調査報告書を公表した。昨年末に公表した最終報告書で指摘した不正な得点操作と寄付金の関連性について、2人の受験生関係者と合格発表前に寄付金に関してやり取りしたことが「強く疑われる」と指摘。理事長や受験生関係者との間に、優遇を依頼して合格すれば多額の寄付をするという「暗黙の了解」があったと推認している。【伊澤拓也】

 同大は昨年12月29日に第三者委の最終報告書を公表した。その中で、臼井正彦前理事長(贈賄罪で在宅起訴)が作成した寄付金と合否の関係を疑わせるメモが見つかったこと、自民党元衆院議員の赤枝恒雄氏が卒業生の子供を合格させるよう臼井氏に依頼していたこと、事前に入試問題を漏えいさせた疑いがあることなどを指摘。文部科学省が追加調査を求めていた。

この記事は有料記事です。

残り336文字(全文695文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女優の竹内結子さん、都内の自宅で死亡 40歳

  2. ORICON NEWS 竹内結子、第2子出産後初の公の場 息子の成長に感慨

  3. 杉田水脈氏 性暴力被害者巡り「女性はいくらでもうそ」 問題発言繰り返す背景とは

  4. 「やる気ないなら担当変える」河野行革相、放送規制改革で文化庁に発破

  5. 「突然の出来事で驚きと悲しみで呆然」 竹内結子さんの所属事務所が死亡を発表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです