メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

イノシシ出没、危険性を知る

鼻を器用に使って、物を軽々と押しのけるニホンイノシシ

 十二支の亥(い)に当てはめられ、古くから人間との関わりが深いイノシシ。近年は、野生の個体が人間の生活圏に出没しては農業被害や交通事故などを引き起こし、“害獣”の印象がつきまとう。そもそも、イノシシとはどんな動物なのか。

 ●走れば時速40キロ

 「思っていたよりも大きいな」「鼻の力が半端ない」。多摩動物公園(東京都日野市)で、ニホンイノシシのキントン(メス)を見ていた数人の男子高校生が思わず声を上げた。餌の時間になると、キントンはイノシシ舎内を動き回って飼育員が置いた食べ物を探し出す。倒木をいともたやすく鼻で押しのけて、餌にたどり着くと鋭い犬歯でリンゴ類をかみ砕いてのみこんでいく。体長は1・3メートル以上。間近で見ると迫力がある。

 日本に生息する野生のイノシシは本州、四国、九州に分布するニホンイノシシと、南西諸島に分布するリュウキュウイノシシの2亜種に分類される。植物を中心とした雑食でずんぐりとした体形に似合わず疾走すれば時速40キロを超える。メスは毎年4~5頭を産むため、繁殖力が高いのも特徴だ。

この記事は有料記事です。

残り1230文字(全文1684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  3. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

  4. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  5. 羽生結弦がMVP「本当に幸せ」 新設のISUスケーティング・アワード

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです