メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

どうぶつ

イノシシ出没、危険性を知る

鼻を器用に使って、物を軽々と押しのけるニホンイノシシ

 十二支の亥(い)に当てはめられ、古くから人間との関わりが深いイノシシ。近年は、野生の個体が人間の生活圏に出没しては農業被害や交通事故などを引き起こし、“害獣”の印象がつきまとう。そもそも、イノシシとはどんな動物なのか。

 ●走れば時速40キロ

 「思っていたよりも大きいな」「鼻の力が半端ない」。多摩動物公園(東京都日野市)で、ニホンイノシシのキントン(メス)を見ていた数人の男子高校生が思わず声を上げた。餌の時間になると、キントンはイノシシ舎内を動き回って飼育員が置いた食べ物を探し出す。倒木をいともたやすく鼻で押しのけて、餌にたどり着くと鋭い犬歯でリンゴ類をかみ砕いてのみこんでいく。体長は1・3メートル以上。間近で見ると迫力がある。

 日本に生息する野生のイノシシは本州、四国、九州に分布するニホンイノシシと、南西諸島に分布するリュウ…

この記事は有料記事です。

残り1316文字(全文1684文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 神戸教諭いじめ 別の20代女性教員も「暴行受けけが」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです