メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バスケットボール

Wリーグ プレーオフ決勝 宮沢、原動力 JX11連覇

第4クオーター、シュートをブロックするJX-ENEOSの宮沢(左)=東京・大田区総合体育館で2019年3月3日、長谷川直亮撮影

 バスケットボール女子、Wリーグのプレーオフ決勝(3回戦制)は3日、東京・大田区総合体育館で第2戦が行われ、JX-ENEOS(リーグ1位)が三菱電機(同3位)を82-76で降し、史上初の11連覇を達成した。シャンソン化粧品の10連覇を抜き、優勝回数は自らの歴代最多記録を22に伸ばした。6年連続で全日本選手権との2冠に輝いた。

 JX-ENEOSは、宮沢の競り合いで引き離す3点シュートが11連覇の原動力となった。決勝は計2試合…

この記事は有料記事です。

残り413文字(全文626文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. チュート徳井さん設立の会社、1億2000万円申告漏れ 東京国税局が指摘

  3. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  4. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  5. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです