メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

玉鷲、優勝額に破顔 春場所「一日一日頑張る」

優勝額の撮影に臨む玉鷲=松田嘉徳撮影

 大相撲初場所は34歳の関脇・玉鷲=本名・バトジャルガル・ムンフオリギル、片男波部屋=が、年6場所制になった1958年以降では2番目の年長初優勝を果たした。3月10日にエディオンアリーナ大阪で初日を迎える春場所の成績次第では、今後、琴光喜の31歳3カ月を大きく上回る年6場所制最年長での大関昇進に挑むことになる。優勝額の写真撮影時に毎日新聞の取材に応じ、初優勝の実感と今後の意気込みを語った。【真下信幸】

 2月、東京都内の写真スタジオに笑顔で現れた玉鷲は、終始リラックスした表情で撮影に臨んだ。「優勝額は…

この記事は有料記事です。

残り1818文字(全文2070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 米グーグル、年内にゲーム参入 専用機不要、業界の構図変動も
  5. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです