メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

玉鷲、優勝額に破顔 春場所「一日一日頑張る」

優勝額の撮影に臨む玉鷲=松田嘉徳撮影

 大相撲初場所は34歳の関脇・玉鷲=本名・バトジャルガル・ムンフオリギル、片男波部屋=が、年6場所制になった1958年以降では2番目の年長初優勝を果たした。3月10日にエディオンアリーナ大阪で初日を迎える春場所の成績次第では、今後、琴光喜の31歳3カ月を大きく上回る年6場所制最年長での大関昇進に挑むことになる。優勝額の写真撮影時に毎日新聞の取材に応じ、初優勝の実感と今後の意気込みを語った。【真下信幸】

 2月、東京都内の写真スタジオに笑顔で現れた玉鷲は、終始リラックスした表情で撮影に臨んだ。「優勝額は…

この記事は有料記事です。

残り1818文字(全文2070文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  3. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  4. 眞子さま28歳に 代替わりで公務増加

  5. 滋賀・湖東病院事件、検察側が有罪立証断念 無罪確実に 新証拠は困難

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです