メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊相撲

大相撲名場面 2003年春場所 故郷で最後の一番飾った大善

2003年春場所13日目、現役最後の取組で寿山をすくい投げで破った大善(左)=望月亮一撮影

大銀杏で締めくくる

 いぶし銀の活躍で長く現役を続けた元小結・大善(現富士ケ根親方)。最後の一番は、38歳だった2003年春場所に訪れた。1990年秋場所以来の幕下に落ち、1勝5敗で迎えた13日目。十両・寿山との対戦が組まれ、幕下同士では許されない大銀杏(おおいちょう)を結って土俵に上がった。

 場所前は幕下筆頭から勝ち越して関取復帰を、とも考えていたが、初日から3連敗。1勝後も2連敗し、引退を決意した。「相手も取りづらかったと思う」と思いやる一方で最後の力を振り絞り、すくい投げで現役生活を白星で締めくくった。

 実家は春場所の会場から500メートルほどしか離れていない花屋だった。その「ご当所場所」で、81年に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 特別支援学校の34歳教諭逮捕 小学生男児に強制性交容疑
  4. 男性から男児の性的被害、トラウマ深刻 元特別支援学校の教諭逮捕
  5. 教祖なき後に 地下鉄サリン事件24年/中 「神格化」警戒は続く

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです