メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

飛び込み

女子 「世界の舞台 楽しい」 けがと闘う板橋

混合シンクロ高飛び込み決勝で3位に入り笑顔の板橋=相模原市立総合水泳場で2019年3月2日、宮間俊樹撮影

 けがで苦しむ飛び込み女子の板橋美波(JSS宝塚)に笑顔が戻ってきた。3日に閉幕したワールドシリーズ第1戦・相模原大会で、村上和基(JSS白子)とペアを組んだ混合シンクロ高飛び込みで2年連続の銅メダルを獲得。右目を手術した昨年4月以降は満足な結果を残せなかった19歳は「今ここで頑張れないと、またけがしても頑張れないと思った。こうして世界の舞台で戦えるのが楽しいなと思った」と充実感を漂わせた。

 結成3年目のペアは息の合った演技で、プールに飛び込むタイミングに狂いはなく、同調性が光った。技の難…

この記事は有料記事です。

残り776文字(全文1023文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです