メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/21止 イラストレーター・寺田順三さんの動物の雑貨 価値のなさが、たまらない

 <くらしナビ・カルチャー>

 どこか懐かしくてユーモラス。イラストレーターの寺田順三さんが描く動物は、キャラクターとして個性が際立つわけではないのに、その姿が心にじんわりと残る。代表作のひとつ、小川洋子さんの新聞連載小説「ミーナの行進」の挿絵では、少女が通学時に乗ったコビトカバを、浮世離れしつつも温かい物語世界そのままに描いて印象的だった。

 そんな寺田さんは長年、動物の雑貨を集めてきた。店先や旅の途中でふと手にしたものを求め、「事務所が一時、ごみ屋敷みたいになった」。仕事のために買ったことは一度もないが、「後で眺めて、こういう描き方をしたらかわいいな、と思うことはあります」。

この記事は有料記事です。

残り1434文字(全文1725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国の小中高校を休校 新型肺炎で首相要請 3月2日から春休みまで

  2. 「共働きなのにパニックだ」 突然の一斉休校、保護者ら衝撃 収入は、子の安全は…

  3. IOCパウンド委員 東京オリンピック「1年延期」に言及 新型肺炎

  4. 「社会が崩壊しかねない」 熊谷・千葉市長がツイート 小中高休校要請巡り

  5. 部活は?受験は?卒業式は? 子供も保護者も、不安の“つぶやき” 首相休校要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです