連載

たしなみの文化考

文化人、識者らの趣味・嗜好(しこう)を紹介しながら本業との相関や豊かな生き方を探ります。

連載一覧

たしなみの文化考

/21止 イラストレーター・寺田順三さんの動物の雑貨 価値のなさが、たまらない

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 <くらしナビ・カルチャー>

異国の物へ尽きぬ憧れ 「ちょっと変」がいとおしく

 どこか懐かしくてユーモラス。イラストレーターの寺田順三さんが描く動物は、キャラクターとして個性が際立つわけではないのに、その姿が心にじんわりと残る。代表作のひとつ、小川洋子さんの新聞連載小説「ミーナの行進」の挿絵では、少女が通学時に乗ったコビトカバを、浮世離れしつつも温かい物語世界そのままに描いて印象的だった。

 そんな寺田さんは長年、動物の雑貨を集めてきた。店先や旅の途中でふと手にしたものを求め、「事務所が一時、ごみ屋敷みたいになった」。仕事のために買ったことは一度もないが、「後で眺めて、こういう描き方をしたらかわいいな、と思うことはあります」。

この記事は有料記事です。

残り1410文字(全文1725文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集