メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

たしなみの文化考

/21止 イラストレーター・寺田順三さんの動物の雑貨 価値のなさが、たまらない

 <くらしナビ・カルチャー>

異国の物へ尽きぬ憧れ 「ちょっと変」がいとおしく

 どこか懐かしくてユーモラス。イラストレーターの寺田順三さんが描く動物は、キャラクターとして個性が際立つわけではないのに、その姿が心にじんわりと残る。代表作のひとつ、小川洋子さんの新聞連載小説「ミーナの行進」の挿絵では、少女が通学時に乗ったコビトカバを、浮世離れしつつも温かい物語世界そのままに描いて印象的だった。

 そんな寺田さんは長年、動物の雑貨を集めてきた。店先や旅の途中でふと手にしたものを求め、「事務所が一…

この記事は有料記事です。

残り1480文字(全文1725文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです