メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

二階堂ふみ

「翔んで埼玉」ヒットに「うそなのかと…」 今度は「沖縄にも力いれたい」

映画「翔んで埼玉」の大ヒット記念舞台あいさつに登場した二階堂ふみさん

 女優の二階堂ふみさんが5日、東京都内で行われた主演映画「翔んで埼玉」(武内英樹監督)の大ヒット記念舞台あいさつに登場。2月22日に公開された同作は、公開11日目時点で動員数が73万人、興行収入が10億円を突破し、二階堂さんは「まさか、この映画がヒットするなんて……。うそなのかと思った。いろいろな方から反響の声が届いていて、うれしい」と喜んだ。また、二階堂さんは沖縄県出身で、「映画がヒットしてうれしいのですが、今日で区切りを付けて、沖縄にも力を入れたい」と”故郷思い”のコメントも飛び出した。

 舞台あいさつには、二階堂さんのほか、共演の島崎遥香さん、ブラザートムさん、武内監督も出席。舞台あいさつで、スペシャルゲストとして登場した埼玉県深谷市のイメージキャラクター「ふっかちゃん」と同県マスコットの「コバトン」が持ってきた「深谷ネギ」で作った“ネギ束”をプレゼントされた二階堂さんは「(共演の)GACKTさんが『ネギが好き』って言っていたら、『深谷ネギ』がたくさん届いたっていうのをSNSにアップしていて、私には届かなかったので、いただけて、涙が出るほどうれしい」と大喜びしていた。

 映画「翔んで埼玉」は「パタリロ!」で知られる魔夜峰央さんが1982年に発表し、2015年に復刻されたマンガが原作。埼玉県民は東京都民から迫害を受けていたという設定で、東京でトップの高校・白鵬堂学院の生徒会長で東京都知事の息子の壇ノ浦百美(二階堂さん)と、米国帰りの転校生・麻実麗(GACKTさん)は互いに引かれ合うが、麗は埼玉出身で、埼玉と東京の「通行手形」の撤廃を求める「埼玉解放戦線」のメンバーだった……というストーリー。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです