メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

自民、五輪見据え小池氏抱き込み狙う 都連は反発

東京都知事選を巡る状況

 来年夏の東京都知事選を巡り、自民党の二階俊博幹事長が小池百合子知事の再選を全面支援すると表明し、党内に波紋が広がっている。小池氏と対立する自民都連は反発しているが、小池氏に対抗できる有力候補が見当たらないのも現状。党執行部は東京五輪直前の「首都決戦」を落とす事態は避けたいのが本音で、都議会で苦戦する小池氏を抱き込もうという計算が透ける。

 「今の知事に勝てる候補を出せるのか。勝てなきゃ意味がない。党が恥をかくようなことはできない」。二階氏は5日の記者会見で改めて小池氏支援の姿勢を明言。「都連と喜んで話し合いをする」と強気だった。

この記事は有料記事です。

残り1202文字(全文1469文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 猛毒「フッ化水素酸」か、こぼれ異臭 東京・秋葉原の路上、けが人なし

  2. 東京女子医大病院に賠償命令 薬16倍投与で死亡 医師らに1500万円 地裁判決

  3. ボーガン?4人撃たれ2人死亡 親族の23歳を殺人未遂容疑逮捕 兵庫・宝塚

  4. 20代男性死亡、死者3人に 容疑者「家族殺すつもりだった」 兵庫・ボーガン事件

  5. 愛知知事リコール運動 大阪・松井市長、賛同の吉村知事に苦言「県民が判断」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです