首相、統計不正「一般的な感覚で『隠蔽』と取れる」 参院予算委で

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2019年3月5日午後6時53分、川田雅浩撮影
参院予算委員会で答弁する安倍晋三首相=国会内で2019年3月5日午後6時53分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は5日の参院予算委員会で、毎月勤労統計の不正調査問題について「一般的な感覚で『これは隠蔽(いんぺい)ではないか』と取れるということは当然ある」と認めた上で、厚生労働省の組織的隠蔽を認めなかった特別監察委員会の追加報告書を「法律的な観点から厳密な定義で整理されたと受け取っている」と釈明した。

 監察委が2月27日に公表した追加報告書は不正調査について「真実に反することを認識しながら、事実と異なる虚偽の申述をした」と指摘する一方、「隠蔽行為があったとまでは認められない」と結論付け、野党が反発している。

この記事は有料記事です。

残り521文字(全文778文字)

あわせて読みたい

ニュース特集