メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にじむ米国への配慮 李克強首相「政府活動報告」 全人代

全人代で政府活動報告を読み上げる李克強首相=北京の人民大会堂で2019年3月5日、AP

 【北京・浦松丈二】中国の李克強首相が5日午前、全国人民代表大会(全人代=国会)で読み上げた「政府活動報告」は、通商協議が難航する米国への配慮がにじむ内容になった。

 中国側は今月中にも習近平国家主席とトランプ米大統領との会談を実現させ、事態打開を目指している。政府活動報告の内容が米国側を過度に刺激し、首脳会談の日程調整などが難航する事態を懸念している模様だ。

 報告は、今年の外交方針について「主要大国との意思疎通・対話、協調・協力を強め、周辺諸国との関係を深め、発展途上国との互恵協力を広げる」と定めた。主要大国との「意思疎通・対話」は昨年の報告にはなかった文言だ。

この記事は有料記事です。

残り408文字(全文692文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「新型コロナ影響で収入減る」漏らした妻への傷害容疑 夫逮捕、妻は死亡

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. ORICON NEWS 本田翼、外出する若者に「がくぜんとした」 新型コロナ感染拡大防止に訴え

  4. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  5. 慎重だった首相、なぜ緊急事態を宣言せざるを得なくなったのか その「腐心」を読む

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです