キャッシュレスの地域通貨、塩釜市が実証実験 外国通貨でチャージも可能

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
実証実験が始まる「竈コイン」サービス。左がスマホのアプリ画面で、中央が店側のポケレジ=宮城県塩釜市で
実証実験が始まる「竈コイン」サービス。左がスマホのアプリ画面で、中央が店側のポケレジ=宮城県塩釜市で

 宮城県塩釜市と、運営を担う観光マネジメント会社「インアウトバウンド仙台・松島」(本社・仙台市、西谷雷佐(らいすけ)社長)は4日、塩釜市内でキャッシュレス決済サービスの地域通貨「竈(がま)コイン」の実証実験を始めると発表した。同市内の加盟店で使えて残高も無駄にならないスマホ用の電子マネーで、8日にJR仙台駅でPRイベントを開き、9日から利用を開始する。【渡辺豊】

 実験は、県や関係市町が地域・観光振興のため組織し、JR東日本が協力する「仙台・松島DMO協議会」の活動の一環で、1年間実施して普及策を探る。竈コインはスマホを財布に見立て、高額なシステムや費用をかけず簡単操作でキャッシュレス決済を実現した。

この記事は有料記事です。

残り480文字(全文783文字)

あわせて読みたい

ニュース特集