久留米出身、松田聖子さんが凱旋公演 デビュー直後以来38年ぶり

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
松田聖子さんのコンサート開催に福岡県久留米市のイメージキャラクター「くるっぱ」も応援に駆けつけた=福岡県久留米市六ツ門町の久留米シティプラザで2019年3月4日16時57分、安部志帆子撮影
松田聖子さんのコンサート開催に福岡県久留米市のイメージキャラクター「くるっぱ」も応援に駆けつけた=福岡県久留米市六ツ門町の久留米シティプラザで2019年3月4日16時57分、安部志帆子撮影

 福岡県久留米市荒木町出身の歌手、松田聖子さん(56)が4日、久留米市六ツ門町の久留米シティプラザでジャズコンサートを開いた。聖子さんの久留米市でのコンサートはデビュー直後以来で「おそらく38年ぶり」(所属事務所)となり、約1500席分のチケットは発売直後に売り切れたという。平成最初で最後の凱旋(がいせん)公演に駆けつけたファンに思いを聴いた。

 「聖子さんは僕の生きる道しるべ」と語ったのは太宰府市の介護福祉士、土居隆信さん(37)。学校が嫌になっていた高校時代、テレビで見た聖子さんの離婚会見での姿に憧れた。「覚悟を決めたらそれが自分の正しい道、というメッセージをもらった」と話した。

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文555文字)

あわせて読みたい

ニュース特集