震災で障害「自分だけ」 支援策なく、孤立感抱え8年

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
かつて自分の船を止めていた場所にしゃがみ込む大川貞男さん。津波にのまれながら生き残ったものの左手に後遺症が残り、漁師への復帰は断念するしかなかった=岩手県山田町で2019年2月23日午前11時9分、喜屋武真之介撮影
かつて自分の船を止めていた場所にしゃがみ込む大川貞男さん。津波にのまれながら生き残ったものの左手に後遺症が残り、漁師への復帰は断念するしかなかった=岩手県山田町で2019年2月23日午前11時9分、喜屋武真之介撮影

 東日本大震災でのけがが原因で障害が残った人がいる。岩手県山田町に住む大川貞男さん(77)。津波にのみ込まれてがれきがあたり左腕が今も不自由だ。被災地で復興が進む姿とは対照的に「自分だけ取り残されている」と孤立感を深めている。【本橋敦子】

 半島に抱かれた風光明媚(めいび)な山田町の山田湾。震災の津波に襲われたが、今は穏やかな水面にカキ養殖のいかだが浮かぶ。湾の近くに住む大川さんはこの海で50年間、漁業にいそしんだ。「普段は忘れたふりをしてるけど、海を見るとやっぱり切ない」

 震災が起きた時、大川さんはいったん避難したが、自分の船が心配になり、港に戻った。漁師仲間と防潮堤から海を見ると、水がひいて海底が見えた。「津波が来る」と思い、自宅に寄って大切な物を持って行こうとしたところに津波が襲来。家屋などのがれきと一緒に流された。

この記事は有料記事です。

残り644文字(全文1009文字)

あわせて読みたい

注目の特集