メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴーン被告保釈決定に仏メディア「意表を突く決定」

カルロス・ゴーン被告

 【パリ賀有勇】東京地裁が5日、日産自動車前会長のカルロス・ゴーン被告(64)の保釈を決定したことを受け、前会長が国籍を持ち、日産と企業連合を組む仏自動車大手ルノーの本社があるフランスのメディアは「意表を突く決定」(リベラシオン紙)などと驚きを持って伝えた。

 保釈請求はこれまで2度、却下されており、BFMテレビは「三度目の正直なるか」と報じた。フィガロ紙は、保釈が実現すれば、前会長が「攻めの姿勢」を求めて新たな弁護人に選んだ弘中惇一郎氏にとって「最初の勝利となる」と伝えた。

 一方、前会長の家族の代理人を務めるフランスのフィネル弁護士が5日、毎日新聞の電話取材に応じた。フィ…

この記事は有料記事です。

残り340文字(全文629文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岐阜・中3転落死「主因は前日のいじめ」 トイレで便器に頭入れる姿勢とらせる 第三者委が認定

  2. 立憲、ジャパンライフ会長と首相「35年来の知人だった可能性」指摘

  3. 準強制わいせつ容疑 エヴァ制作「ガイナックス」社長を逮捕 警視庁

  4. 大阪・梅田の地下街に日本酒が出る蛇口、おちょこ1杯200円 新潟のアンテナショップ

  5. 神戸市立小教諭いじめ「連帯責任」 小中高校長ら320人ボーナス増額見送り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです