「股ズレ」自転車の女性選手8割の悩み 対策、元五輪選手が修士論文で

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
修士論文で女子選手への幅広い対策を訴える沖美穂さん=東京都内で
修士論文で女子選手への幅広い対策を訴える沖美穂さん=東京都内で

 自転車ロードレースで3大会連続で五輪に出場した順大大学院の沖美穂さん(44)が、自転車界の「股ズレ」の深刻な実態を修士論文にまとめた。選手たちの重い悩みでありながら、デリケートな課題ゆえに避けられがちだったテーマにメスを入れた。「選手が相談できる環境を整えるためにも、まずは実態を知ってほしい」と訴える。【田原和宏】

 「股ズレ」は股の内側などに生じる皮膚や粘膜の異常や障害で、レーサーパンツと呼ばれる専用ウエアや自転車のサドルとの摩擦などで起きる。腫れて痛みが出たり、ひどい時には陰部がただれたりする。選手が相談をためらうこともあり医師にもあまり知られておらず、国内では本格的な研究もされてこなかった。

この記事は有料記事です。

残り672文字(全文974文字)

あわせて読みたい

注目の特集