メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

白血病乗り越えグラウンドへ J2新潟・早川史哉選手 「また、どこかで公式戦に出たい」

白血病を乗り越えて復帰したサッカーJ2新潟の早川史哉選手=新潟県聖籠町で2019年2月25日、福田智沙撮影

 サッカーJ2新潟のDF早川史哉選手(25)が白血病を乗り越え、3季ぶりにクラブに戻ってきた。約1年に及ぶ入院生活で骨髄移植を受け、懸命にリハビリを重ねてきた。開幕から2節はベンチ入りがかなわなかったが、再び公式戦のピッチに立つ日を夢見ている。【福田智沙】

 2月25日、前日の開幕戦で出場ならなかった早川選手は新潟県内のクラブのグラウンドにいた。大学生との練習試合に左サイドバックで出場。まだ体力も試合勘も戻らない「7割の状態」だが、表情は晴れやかだった。「再びボールを追うのは不可能な夢だと思う時期もあった」

 名門・筑波大で主将を務め、2016年、当時J1の新潟に入団した。開幕戦から先発出場し、順風満帆に走…

この記事は有料記事です。

残り963文字(全文1268文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 育休明けに倉庫勤務「不当な配転」 アシックス男性社員訴え
  2. 「私がやったことではない」容疑者は否認 拳銃強奪
  3. 容疑者、都内のゴルフ場でアルバイト 幼少期から高校生まで吹田で暮らす 拳銃強奪
  4. 食戟のソーマ 「ジャンプ」のグルメマンガが7年の連載に幕 その後描く特別編も
  5. 交番襲撃 防犯カメラに映った男の画像を公開

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです