メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

安値に飛びつくと後悔も! 買っても良い「修復歴あり」のクルマの見分け方とは

情報提供:カートップ

安値に飛びつくと後悔も! 買っても良い「修復歴あり」のクルマの見分け方とは

修理の内容をシッカリと説明してもらうことが第一

 中古車を買うときの不安は、事故車起こしや修復車だろう。以前は誤摩化して売られていることも多かったが、最近では査定が厳しくなったため、中古車サイトや雑誌を見てもはっきりと修復歴あり、と明記されているのをよく見かけるようになってきた。ただ、修復歴があるのになしとして販売されているクルマも存在するが……。

 明記されているとある意味安心なのだが、魅力はなんといっても価格だ。当然だが、修復歴ありというだけで、同レベルのスペックに対して、何割も安い価格となっている。となると、買ってもいいかなと思うかもしれないが、当然注意点はいくつかある。

修復歴

 まず大前提としてはきちんと直っているということ。修復歴あり、とあえて表示している店であれば、場所や直し方などは把握しているはずなので、しっかりと説明してもらおう。実車をリフトアップしたりして、具体的に説明してもらうのがベストだ。「直してあるから安心しろ」というような対応なら避けるべし。

修復歴

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「児童が危険と…」 小学校前の通学路に白色スプレーで“停止線” 福岡の校長を書類送検
  2. 台湾東岸・花蓮でM6.1地震 震源の深さ18キロ
  3. 大阪・御堂筋で事故 軽ワゴン車横転、歩道に乗り上げ 繁華街が一時騒然
  4. もとをたどれば リクシルグループ 「住」と「生活」豊かさ願い
  5. 首相側近・萩生田氏、増税先送り可能性に言及 与党にも波紋「何を勝手に言っているんだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです