メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

溝を眺めるだけじゃダメ! クルマの走行前に行うべきタイヤの正しい点検方法とは

情報提供:カートップ

溝を眺めるだけじゃダメ! クルマの走行前に行うべきタイヤの正しい点検方法とは

10円玉を使って残り溝を見るという裏ワザも!

 本来は運行前点検はオーナーに義務づけられ、乗る前には各部を点検する必要があるがなかなか励行は難しい。ただ、それでも安全に直結するタイヤだけは走る前に必ずチェックしておきたい。面倒なのは確かだが、ポイントを押さえてみればそれほど手間ではない。よくどこを見ていいのかわからないという声も聞くので、今回はこれだけは見ておきたいというポイントを紹介しよう。

 まずは外観。タイヤはゴム製品だけに生もの。次第に劣化してヒビ割れが発生してくるので、これを見る。ただ大きく割れるのは相当放置しないと起こらず、初期段階は細かいものなので、近づいてよく見るのがコツとなる。

タイヤ

 そしてトレッド面だが、溝の量を確認。サイドとトレッドの境目に矢印などのマーク(ミシュランはビバンダム)があり、その先の溝の中にある一段高いところが表面とツライチになったら、使用限界となる。また10円玉を溝に入れて、10円の文字の周りにある葉っぱが全部見えたら寿命というのも裏技点検法だ。

タイヤ

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. USJ入場料、10連休中「過去最高額」に 混雑緩和なるか?
  2. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  3. 内村航平が予選落ち 体操全日本選手権
  4. USJ年間パス、帰省費を補助…保育士不足に大阪市が奇策
  5. セクハラ 女子学生と13泊の准教授を停職処分 弘前大

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです