メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

韓流ファンは「嫌」より強し K-POPから波及、化粧品や服飾も

 韓国のポピュラー音楽「K-POP」ブームを追い風に韓流ビジネスが好調だ。アイドルグループ人気が呼び水となり、映画や出版などコンテンツ産業の輸出が世界的に拡大。2000年代、ドラマ「冬のソナタ」で主婦層に最初の韓流ブームが起きた日本では、元徴用工訴訟などを巡り韓国との関係が冷え込む中でも10代、20代の支持が根強い。観光やファッションにも流行の効果が波及し、主要産業の電機産業からお株を奪う勢いだ。

 「このお店かわいい!」「一緒に写真撮ろう」。ファッション雑貨店や飲食店が建ち並ぶソウル中心部の繁華…

この記事は有料記事です。

残り808文字(全文1058文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  2. 地下アイドルに強制わいせつ致傷容疑 26歳ファン逮捕 自宅前で待ち伏せ

  3. 高齢者事故「娘の死は殺人」 発生3年、母が制度改正訴え活動

  4. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出

  5. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです