メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

定型の窓から

北の浜辺に思い馳せ=片山由美子

片山由美子さん

雁風呂に海のつづきの波がたつ 澁谷道

雁供養砂の埋れ木焚き添へぬ 新谷ひろし

 季語には、各地に残る伝説や風習に由来するものがあって、なかなか興味深い。春の「雁風呂(がんぶろ)」もそのひとつである。

 青森県の津軽地方に伝わるこんな話だ。秋に海を越えて北方から渡ってくる雁は、疲れると小枝を波間に浮かべ、それに乗って羽を休める。そしてまた枝をくわえて飛び続けて津軽の浜までやってくると、枝を落とし、日本各地へ飛んで行く。

 越冬した雁は春になると津軽の浜へ戻り、残しておいた枝をくわえて北へ帰る。浜辺には命を落とした雁の数…

この記事は有料記事です。

残り1007文字(全文1264文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです