メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

放送作家たむらようこの窓辺から

被災地の春 それぞれのやり方で

 テレビは社会の窓である。今回はテレビマンと「3・11」のお話--。

 今年も東日本大震災が発生した3月11日が巡ってきます。突然ですが、先日、あるレギュラー番組で被災地を取材したベテランディレクターから届いたメールを引用します。

 「実は私、震災を担当するの初めてなんです。圧倒的な理不尽を経験した人たちに対して、私自身、何を語ったらよいのか、語るべきなのか、ずっと臆する気持ちが強くて、やれば過剰に何かを語ってしまいそうで、これまで積極的に手を挙げることができずにいました。でも昨年、○○さんが三陸鉄道を取材したのを見て、“今”に対するアプローチがとても良いなと感じました。自分の身に起きた出来事と、そこからの時間を、真摯(しんし)に受けとめ続けてきた人たちのあり方に、…

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文839文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嵐」の相葉雅紀さん 義援金6000万円、千葉県庁で目録手渡す

  2. 「台風接近で焦っていた」 スピード違反容疑で検挙の高知市長が釈明

  3. ORICON NEWS 嵐・松本潤、グループ命名秘話に20年越しで驚き「まじかよ!って」

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「日本側の方が多様性と冷静さを失ってきている」 青木理氏と嫌韓の空気を考える

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです