メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウラカタ

「名人」の話芸堪能して 「西田敏行 笑って泣いて 役者人生50年」演出 市川雅康さん

「西田敏行 笑って泣いて 役者人生50年」演出の市川雅康さん=丸山進撮影

 学生時代から「ドキュメンタリーが一番面白い」と考えていた。最初は学研に入社したが、映画「子猫物語」の助監督募集に応じて転職し、映像制作の世界に入った。

 1998年、「西田敏行 タイガ・森の民と暮らす~笑って泣いた冬と夏~」(フジテレビ)で、モンゴルのトナカイ遊牧民を追い、約100日間、西田と行動を共にした。外は氷点下30度以下に冷え込む夜、酒を片手に西田の人生談議を聞いた。「落語の名人芸を聞くよう」な面白さで、名優たちとの撮影秘話をたくさん聞き、「聞いたままにするのはもったいない」との思いをずっと抱えてきた。西田が一昨年に70歳を迎えたと知り、「西田さんに集大成の話を聞きたい」と企画を提案。通った…

この記事は有料記事です。

残り456文字(全文759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中国、新型肺炎の死者26人に 厳戒下で春節 30億人移動の大型連休始まる

  2. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

  3. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

  4. 河井氏に相場10倍の「えこひいき」? 自民党内からも疑問の声相次ぐ

  5. 大阪・箕面市がテレビ朝日に抗議 滝の水「トンネル掘ったら少なくなった」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです