メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災8年

東北応援「きっかけ」バトン 月イチ立ち飲み営業、後輩学生へ 京都

食堂を運営する学生スタッフら(右側)。2月11日は宮城県女川の海鮮を提供した=京都市上京区のきっかけ食堂で、山本真也撮影

 京都市で月1回、東日本大震災の被災地を応援するために大学生が開いている東北食材の立ち飲み屋「きっかけ食堂」が今月、3代目となる後輩学生らへ引き継がれる。スタッフ5人中4人を占める4年生が卒業。後継者がそろわず、存続が危ぶまれたが、2月に4人の加入が決まった。11日が卒業生最後の営業となる。【山本真也】

 食堂は2014年に「被災地の農家や漁師から旬の農水産物を仕入れることで、支援につなげよう」と立命館大の学生3人が始めた。既存の飲食店を借りて毎月11日の夜に営業する。

この記事は有料記事です。

残り753文字(全文989文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 特権を問う 「Yナンバーに気をつけろ」沖縄移住の女性が体験した「基地の島」の現実とは?

  2. 東京都、新たに感染者224人確認 過去最多 新型コロナ

  3. IS研究第一人者ハシミ氏、殺害される 日本など海外メディアに数多くコメント

  4. 「女帝」石井妙子さんが見た小池都知事の“冷ややかな圧勝”

  5. 大雨で被害相次ぐ 安城や一宮など 15棟床下浸水 /愛知

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです