メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佐渡裕

バーンスタイン作ミュージカル曲でタクト 師からの「宿題」、今も胸に

「『プロデュースオペラなのに、ミュージカルをするんかい』と言われそうだけど、そういう自由な発想こそ、東京に伝えるべきだ」と話す指揮者の佐渡裕=大阪市北区で、望月亮一撮影

 昨年、生誕100年を迎えた作曲家で指揮者のレナード・バーンスタイン。愛弟子だった佐渡裕が7月、芸術監督を務める兵庫県立芸術文化センター(同県西宮市)のプロデュースオペラで、師が作曲したミュージカル「オン・ザ・タウン」を指揮する。誕生月の8月までは「100歳」ととらえ、「締めくくりに兵庫で彼の作品をやりたかった」と語る。

 昨年はワシントンやパリ、ベルリンなど各地で師の交響曲やミュージカル曲を振った。「一度聴いたら頭の中…

この記事は有料記事です。

残り991文字(全文1202文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「スリムクラブ」真栄田さんと内間さんを無期限謹慎処分 吉本興業、暴力団関係者パーティー出席で
  2. 暴力団関係のパーティー出席 スリムクラブ「認識、甘かった」コメント全文
  3. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  4. 「ナイトスクープおもんない!」 元探偵・小枝が批判 “現役”真栄田「番組に依頼しては」(スポニチ)
  5. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです