メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チェック

韓国コンテンツ、海渡る 化粧品・K-POP、日本の若者に

 韓国のポピュラー音楽「K-POP」ブームを追い風に韓流ビジネスが好調だ。アイドルグループ人気が呼び水となり、映画や出版などコンテンツ産業の輸出が世界的に拡大。2000年代、ドラマ「冬のソナタ」で主婦層に最初の韓流ブームが起きた日本では、元徴用工訴訟などを巡り韓国との関係が冷え込む中でも10代、20代の支持が根強い。観光やファッションにも流行の効果が波及し、主要産業の電機産業からお株を奪う勢いだ。

 「このお店かわいい!」「一緒に写真撮ろう」。ファッション雑貨店や飲食店が建ち並ぶソウル中心部の繁華…

この記事は有料記事です。

残り714文字(全文964文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 15歳美少女4人組「@ onefive」“正体”判明 顔見せビジュアル&MV一斉公開

  2. ニュージーランド3大会連続の準決勝進出 アイルランドに圧勝

  3. プロ野球ドラフト 県内の4人指名 喜びあふれ /三重

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 維新、2特別区で本庁舎位置変更検討 24日法定協で提案 大阪都構想

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです