メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人事

県警 春の異動2687人 五輪に備え対策課を増員 /埼玉

 県警は5日、春の人事異動を内示した。発令は14日付。4日付と7日付の発令を含めた異動規模は過去最大の2687人になる。刑事部長に国家公安委員会会務官付理事官の岩元正一氏を充てる人事も併せて発表された。

 2020年東京五輪・パラリンピックや19年ラグビー・ワールドカップに備え、オリンピック・パラリンピック対策課を29人増員。55人態勢でテロ対策や警備計画の策定にあたる。また、急増する児童虐待事案に対応するため、少年課と捜査1課に係を新設する。【鈴木拓也、中川友希】

この記事は有料記事です。

残り2428文字(全文2662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  5. マレーシア、プラごみ日米仏など13カ国に送り返す 不法輸入の3737トン

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです