メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

死者の霊魂と声なき声表現 震災8年の11日に発刊 相模原の江成さん写真集 /神奈川

 2011年の東日本大震災で多くの犠牲者が出た福島、宮城、岩手3県の被災地を7年間にわたって記録した写真家、江成常夫さんの写真集「After The TSUNAMI」(冬青社)が、震災から8年となる11日に発刊される。

 江成さんは相模原市出身。1974年に毎日新聞社を退社し、フリーランスに。中国東北部(旧満州)の日本人戦争孤児、広島原爆の被爆者など戦争がもたらした日本の「負の遺産」をテーマに取材し、撮影を続けてきた。数多くの作品で「フォト・ドキュメンタリー」の分野を切り開き、土門拳賞、毎日芸術賞などを受賞している。

 「被災地の記録は、弱き人たちの声なき声を聞く(戦災と同じ)文脈に通じる」とし、記憶を風化させないようにと、鎮魂の祈りの旅を続けてきた。大津波による凄惨(せいさん)な爪痕、東京電力福島第1原発事故で人影の消えた避難地域、泥まみれの帽子やランドセルなど、被災現場を点描する写真は、死者の霊魂と声なき声を表現している。

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 首相「一日も早く収束」 コロナ対応陳謝も 施政方針演説

  3. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  4. 視聴室 青のSP-学校内警察・嶋田隆平-

  5. 「菅語」を考える 緊急事態なのに「あいさつ」 響かない首相会見 青木理さんが考えたメディアの責任

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです