メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

近江学園で手術申請 52年当時の書類発見 湖南 /滋賀

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術や人工中絶が強制されていた問題を巡り、知的障害児入所施設「県立近江学園」(湖南市)の園医が52年当時、入所する10代の女性1人の手術を申請していた書類が見つかった。同学園は「日本の知的障害者福祉の父」とされる糸賀一雄氏(1914~68年)が設立。書類に決裁印はなく、当時園長だった糸賀氏が把握していたかは不明だが、関係者は「まさかという思い」と驚いている。

 厚生労働省が昨年8月、全国の福祉施設や医療機関に旧優生保護法に関する記録の有無を尋ねた調査で、同園は「ない又はない可能性が高いと思われる」と回答していた。今年1月に報道機関から情報公開請求を受け、46年の開園後の全入所者のうち、同法の影響を受けた可能性がある96年度以前の約1100人について記録を精査した結果、発見した。

この記事は有料記事です。

残り430文字(全文798文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 全国で2529人感染確認 東京・愛知で最多 死者新たに31人、計2109人

  2. 全国で新たに1945人の感染を確認 死者は21人増え、計2049人に

  3. それってコロナ対策…? 佐賀県、交付金で「宇宙を知る展示」や電光掲示板

  4. 視聴室 まさかまさかの2020 大家族石田さんチ

  5. GoTo停止 官邸「東京まだ逼迫してない」 札幌・大阪発自粛要請

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです