メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

近江学園で手術申請 52年当時の書類発見 湖南 /滋賀

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らに不妊手術や人工中絶が強制されていた問題を巡り、知的障害児入所施設「県立近江学園」(湖南市)の園医が52年当時、入所する10代の女性1人の手術を申請していた書類が見つかった。同学園は「日本の知的障害者福祉の父」とされる糸賀一雄氏(1914~68年)が設立。書類に決裁印はなく、当時園長だった糸賀氏が把握していたかは不明だが、関係者は「まさかという思い」と驚いている。

 厚生労働省が昨年8月、全国の福祉施設や医療機関に旧優生保護法に関する記録の有無を尋ねた調査で、同園…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 鈴木伸之、初始球式で122キロの快速球&腹筋チラリ メンディーの133キロは「あらためてスゴい」
  2. 2億円超記載漏れ「常軌を逸している」 維新との対決を評価する声も 堺市民の声
  3. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. 幼稚園バスなど5台絡む多重事故で2人死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです