メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

高齢者不明

GPS活用で研修会 府丹後保健所、事例報告や訓練 /京都

GPS機能を学ぶ参加者たち=京都府宮津市で、塩田敏夫撮影

 府丹後保健所は5日、GPS(全地球測位システム)の活用についての研修会を宮津市で開いた。認知症による徘徊(はいかい)で行方不明になるケースが多発しており、早期発見につなげる手段のひとつにすることが目的。民生委員や高齢者施設の介護職ら100人が参加した。

 事業展開している「ミマモルメ」(本店・大阪市)の田中勝さんが自社のGPSサービスについて説明した。阪神電鉄が取り組み始めた新規事業で、小型端末(縦45・5ミリ、横38・5ミリ、厚さ11・85ミリ)を身に着けることで、リア…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 実行犯は高学歴 女1人を含む計9人 スリランカ連続爆破テロ
  2. 都営三田、新宿線を増結へ 22年度目標に混雑緩和
  3. 「可能性得た」川口祖父母強殺の元少年「こども応援ネット」にメッセージ
  4. 白鵬の「三本締め」は何が問題なのか 横審の考え、相撲ファンの声
  5. はやぶさ2 リュウグウ表面にクレーター確認 はやぶさ2、衝突実験に成功

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです