メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者アート展

内側の声、表現 24日から寝屋川 /大阪

作品を手に笑顔を見せる制作者たち大阪府寝屋川市長栄寺町5で、早川方子撮影

 寝屋川市内の医療機関や作業所に通う精神障害者らの絵画などを展示する「第5回寝屋川ハート・アート展」が24日から、同市早子町の市立市民ギャラリーで始まる。入場無料で、26日まで。

 障害者の社会参加を支援するNPO法人寝屋川市民たすけあいの会や医療機関などが中心となり、作品を通じて精神障害への理解を深めてもらおうと毎年3月に開催してきた。

 今年は「私たちの表現は無限大であり、内側からつながる生の声である」をキャッチコピーに、出品者らも実…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文475文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです