宝塚市

市立学校、夏・冬休みを短縮 来年度祝日増で /兵庫

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷

 宝塚市教育委員会は5日、市立の全ての小中学校・特別支援学校で2019年度から、児童生徒の夏休み(夏季休業日)を3日、冬休み(冬季休業日)を1日、それぞれ短縮すると発表した。

 「ゆとり教育」見直しの影響で授業時間が増える中、市教委によると、19年度は皇位継承に伴い祝日が増加。新学習指導要領が20年度から小学校で、…

この記事は有料記事です。

残り236文字(全文393文字)

あわせて読みたい

ニュース特集