メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見聞録

春日大社(奈良市) なぜ3000基も灯籠が 幸願い、平安期から奉納 /奈良

ずらりと並ぶ灯籠=奈良市春日町の春日大社で、佐藤英里奈撮影

 奈良市の春日大社の参道から本殿に連なる約3000基の灯籠(とうろう)。なぜ、こんなにもたくさんの灯籠があるのか。奈良市内を中心に活動しているNPO法人「なら・観光ボランティアガイドの会」広報部の黒崎幸子さん(64)と長坂和之さん(78)の2人に案内してもらった。【佐藤英里奈】

 まず、春日大社の玄関口「一の鳥居」をくぐって参道を進んだ。両脇に並ぶたくさんの灯籠をじっくり見てみると、綿問屋や青物問屋など奉納した人の名や刻んだ石工の名、年月などが記されている。また、六角形や丸などデザインや形もさまざま。側面には十二支や鹿などのほか、毘沙門天の使いとして伝わるムカデが描かれているものもあった。

 しばらく進むと、長坂さんが一つの灯籠を指さした。「この『春日大明神』と記された灯籠を三つ見つけると…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文1009文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中洲で散財、事故で借金…タイから移送の容疑者らが振り込め詐欺に手を染めるまで
  2. 新潟の70代男性、特殊詐欺で2450万円被害 所持金尽きるまで電子マネー購入
  3. 「戦争」発言の丸山穂高氏に千島連盟が抗議文「常軌を逸し、極めて遺憾」
  4. 「絶対に稼ぐ」「だらけるな、痩せろ」タイ拠点の振り込め詐欺 逮捕された日本人男15人の「奴隷生活」
  5. 医療現場から (5)沖縄のSOS 「連携に課題?」の一言で険悪に

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです