メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

補助犬研修会

接し方学ぶ 高松・県立中央病院で /香川

盲導犬への接し方などについて語る同伴者ら=高松市朝日町1の県立中央病院で、山口桂子撮影

 盲導犬をはじめとした補助犬とともに来院した人への対応方法を学ぶ研修会が4日、県立中央病院(高松市朝日町1)であった。今年度から補助犬同伴の受け入れを始めた同病院で理解を広げるために初めて実施。医師や看護師、事務職員など約100人が、誘導方法や補助犬への接し方などを学んだ。

 県内で活動する補助犬が盲導犬だけである現状から、盲導犬やユーザー(同伴者)への接し方を想定。36年前に県内で初めて同伴者となった藤川孝子さん(60)と盲…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文537文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “お蔵入り”大阪市長の肝煎り学校のフェースシールド 医療界が止めた理由

  2. 警官訪問後、容疑者飛び降り死亡 盗撮容疑、自宅の20階から 警視庁

  3. 観光客の救急搬送当面取りやめ 香川の離島・豊島 消防団「島民守れなくなる」

  4. ORICON NEWS キンプリ 新アルバム『L&』アートワーク&収録曲一挙公開 メンバープロデュース曲名も

  5. 奈良の感染者の26% コーヒーの香り、カレーの味分からず 発熱から数日後

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです