メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

余録

三軒続きの長屋の右隣は…

 三軒続きの長屋の右隣は鳶(とび)の頭(かしら)で若い衆の出入りがうるさい。左隣は侍(さむらい)が剣術を教えていて稽古(けいこ)の音がやかましい。真ん中の家にすまわせた妾(めかけ)に引っ越したいと言われた伊勢屋、両隣の追い出しをはかる▲両隣はこのたくらみを察知したが、双方ともにあっさりと金を受け取って引っ越すという。伊勢屋が「どこへ」と頭にたずねると「へえ。あっしが剣術の先生のところへ越して、先生があっしのところへ」。落語「三軒長屋」である▲さて、こちらは引っ越しを頼んでもいないのに、勝手に入れ替わるつもりらしい。松井一郎(まつい・いちろう)大阪府知事と吉村洋文(よしむら・ひろふみ)大阪市長がこの8日にも辞職表明し、4月の統一地方選で知事選に吉村氏が、市長選に松井氏が出馬する構えだという▲この奇計、目的は両氏の率いる大阪維新の会の看板政策「大阪都構想」の実現である。都構想は4年前の住民投票で否決されたが、その再投票実施へ向けた公明党との協議が不調となり、民意をダブル首長選で問うというのである▲ポストの交換は、出直し選では当選しても両氏とも今年中に任期が切れるという法の規定への対策らしい。当選すれば4年の任期をまるまる確保でき、無駄遣い選挙との批判も避けられる「首長入れ替わりの術」の一挙両得(いっきょりょうとく)である▲何が何でも住民投票の再実施という維新の意気込みのほどはよく分かった。だが知事や市長のポストなど長屋の空き家同然といわんばかりの党利党略、有権者が“名案”と感心してくれるかどうかは分からない。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 原因は果物のライチ?脳炎で子ども130人以上死亡 インド東部
    2. 堺市長選で選挙違反 元市議らを書類送検 法定外文書を1万枚配布疑い
    3. 「闇営業」問題 吉本興業が宮迫博之さん、田村亮さんら11人を謹慎処分に
    4. 吉本はコンプライアンス順守で瀬戸際に 「闇営業」金銭授受で11人謹慎処分
    5. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです