メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2019

ゴーン前会長保釈へ 証拠隠滅リスク減少 住居に監視カメラ/パソコン使用制限

ゴーン前会長を巡る経過

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)側の保釈請求が初めて認められた。昨年12月に東京地裁が出した「勾留延長請求却下決定」以降、裁判所の判断に警戒感を持っていた検察側は「捜査は続いているのに、保釈されたら関係者と口裏合わせをされてしまう」と不満を隠さない。一方で、現役裁判官は「保釈後の住居の出入り口に監視カメラを設置するなど、今回、弁護人が示した保釈条件案は、証拠隠滅の可能性を大きく減じたと言える」と分析した。元カリスマ経営者が東京拘置所から保釈される可能性が高まっている。

 「証拠隠滅や逃亡の恐れを防止できる極めて具体的な手立てをこちらが提示したということだと思う」。5日…

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文2014文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 香港のブルース・リー宅取り壊し ファン、保存訴えるもかなわず

  3. セブン-イレブン、オーナーが「9月から日曜定休」通告 本部と協議も物別れ

  4. GSOMIA破棄の裏に内政問題影響か 「想定外」にいらだつ日本政府

  5. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです