メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2019

ゴーン前会長保釈へ 証拠隠滅リスク減少 住居に監視カメラ/パソコン使用制限

ゴーン前会長を巡る経過

 日産自動車前会長、カルロス・ゴーン被告(64)側の保釈請求が初めて認められた。昨年12月に東京地裁が出した「勾留延長請求却下決定」以降、裁判所の判断に警戒感を持っていた検察側は「捜査は続いているのに、保釈されたら関係者と口裏合わせをされてしまう」と不満を隠さない。一方で、現役裁判官は「保釈後の住居の出入り口に監視カメラを設置するなど、今回、弁護人が示した保釈条件案は、証拠隠滅の可能性を大きく減じたと言える」と分析した。元カリスマ経営者が東京拘置所から保釈される可能性が高まっている。

 「証拠隠滅や逃亡の恐れを防止できる極めて具体的な手立てをこちらが提示したということだと思う」。5日…

この記事は有料記事です。

残り1720文字(全文2014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  4. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  5. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです