メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米国

狭まるトランプ包囲網 議会の疑惑追及本格化

トランプ政権疑惑追及の構図

 【ワシントン高本耕太】米下院司法委員会は4日、トランプ政権による司法妨害▽汚職▽職権乱用--の疑いを調査するため、計81の個人・団体に対し資料の請求状を送付した。対象にはトランプ大統領の長男ジュニア氏やホワイトハウスが含まれる。昨年11月の中間選挙で過半数を奪還した下院で全委員長ポストを独占する野党・民主党が、政権追及を本格化させた形だ。

 ロシアとトランプ陣営との癒着疑惑を巡り、モラー特別検察官の捜査報告書が近く取りまとめられると伝えら…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文902文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  2. ORICON NEWS 松本人志、闇営業の処分内容に疑問 宮迫・亮と後輩「分けてもいいのかなって」
  3. 発言遮り「極めて無礼でございます」 徴用工問題 河野外相の怒りの伏線は…
  4. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  5. 宮迫さん契約解消 終息の「落としどころ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです