メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

街角から

ベトナムのマスク ソウル支局・渋江千春

 米朝首脳会談を取材するため、先月末に訪れたベトナム。タクシーでハノイの中心部に入るやいなや、マスクを持ってこなかったことを後悔した。道路を埋め尽くすバイクと空の色だけを見ても、空気が汚れているのが分かる。

 私が住む韓国・ソウルも大気汚染はひどく、春先は黄砂が混じりマスクが手放せない。ハノイはソウルよりはましだろう、と思い込んだのがよくなかった。

 行き交うバイクを見つめていると、運転手はみんな色とりどりのマスクをしている。女性は明るい花柄、男性は落ち着いた色のチェックやダイヤ柄。形は顔にフィットする流線型だ。

この記事は有料記事です。

残り285文字(全文542文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  3. アフリカン・ライフ リアル北斗の拳? 鉄道略奪・ケーブル盗の素顔 後編

  4. AED使用時にプライバシー保護 和歌山の高校生が上半身覆うシート作製、配布

  5. ORICON NEWS 嵐、大みそか生配信ライブの詳細発表 FC会員に紙チケット発行、見逃し配信なし

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです