メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

不動産

融資額、減少 監視強化背景に2年連続

 全国の銀行による不動産業向け融資の減少が顕著になっている。日銀によると、2018年の新規融資額は前年比5・7%減の約11兆1100億円となり、2年連続で減った。スルガ銀行の不正融資問題を受け、金融庁が投資用不動産向け貸し出しへの監視を強めたことなどが背景にあり、貸出先の選別が進んだ。レオパレス21の施工不良問題も、逆風となりそうだ。

 不正融資問題を受け、アパートローンなど個人貸家業向け貸し出しが前年比16・4%減の約2兆8300億…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文497文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 服破れ、髪も焼け、真っ黒「地獄絵図だった」 京アニ放火
  2. 2歳女児がマンション15階から転落死 大阪・住之江
  3. 「夢かなってイラストレーターになったのに…」現場に駆けつけた祖父絶句
  4. 吉本興業がパンチ浜崎さんを注意、反社会勢力と接触 写真週刊誌は宮迫さんの新たな写真
  5. 若い女性「知らない人から灯油のような液体をかけられた」京アニ火災

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです