メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電気通信事業法改正案

携帯市場、選択に幅 通信・端末分離 中古利用も促す

 政府は5日、携帯電話の通信料金と端末代金の完全分離を柱とする電気通信事業法の改正案を閣議決定した。年内にも施行する。料金体系を分かりやすくするとともに、携帯各社の競争による料金の引き下げを促すのが狙い。端末と通信のセットを前提に成長してきた日本の携帯電話市場にとって、大きな転機となりそうだ。【森有正】

 これまで国内の携帯電話各社は、スマートフォンなど端末代金と通信料金を一体にしたセット販売で契約者を増やしてきた。利用者は高価な端末を割安で入手できるため、セット販売は携帯電話の普及を後押ししたとされる。

この記事は有料記事です。

残り926文字(全文1180文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クワズイモは「食えずイモ」 激痛で救急搬送 葉がサトイモ似、各地で誤食被害

  2. GoTo縮小に触れない首相 政策「失敗」認めたくない? 専門家警鐘に動き鈍く

  3. 「真の文武陵」異例の成果 奈良・中尾山古墳 陵墓指定なく調査可能

  4. 「底抜けダム」また水漏れ 改修工事後も想定の10倍、2万トン 熊本・産山村

  5. 新年一般参賀中止を発表 昭和天皇逝去後の1990年以来 宮内庁、感染拡大懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです