メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JR東日本

五輪へ防犯カメラ増設 24時間監視、非常時は警察に伝送

 JR東日本は5日、2020年東京五輪・パラリンピックを見据え、防犯カメラを活用したテロ事件への対応強化策を発表した。カメラの設置を拡大し、五輪が開幕する20年7月に、約1200駅のホームや改札で約2万2000台とする。新幹線、在来線の約110の主要駅にある約5500台はネットワーク化され、非常事態発生時には、画像を警察に伝送するシステムを導入する。

 JR東によると、JR東の社員が個別にチェックしていたのを改め、列車や変電所などを含め、新設する専門…

この記事は有料記事です。

残り258文字(全文484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. MX番組担当者が自殺か 賞品ランボルギーニ未譲渡 「迷惑かけた」メモ

  2. 賞品の高級車渡さずMXテレビ謝罪 企画会社と「連絡取れない状況」

  3. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」が破産申請 従業員200人解雇

  5. 「珍 女性のような男性」 テレビ山口が番組で性的少数者に差別表現

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです