メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京医科大

不正入試 文科相「公正害する」 寄付金疑惑受け

 柴山昌彦文部科学相は5日の閣議後記者会見で、東京医科大(東京都)の第三者委員会が臼井正彦前理事長(贈賄罪で在宅起訴)と受験生関係者が合格発表前に寄付金に関するやり取りをした疑いが強いと指摘したことについて、「大学入学者選抜の公正を害する恐れがあり大変遺憾だ」と述べた。

 東京医大が4日にホームページで公表した追加調査報告書によると、臼井氏が作成したメモに受験生11人の名前や…

この記事は有料記事です。

残り283文字(全文471文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ホームセンター、居酒屋、理美容店など営業認める 東京都が休業要請先公表

  2. 特集ワイド コロナショック 正確な現状分析なき「宣言」 元厚労相・前都知事、舛添要一氏

  3. 新型コロナ感染者「ゼロ」は岩手、鳥取の2県 理由を探ってみた

  4. 学生に「バイト来るな」 大学に「住所教えろ」 クラスター発生の京産大へ差別相次ぐ

  5. 緊急事態 愛知、京都などの追加 菅長官「現時点で評価に至らず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです