メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

元患者のJリーガー、公式戦復帰へ一歩一歩 白血病に勝てる 「池江選手を優しく支えて」

大学生との練習試合前にウオーミングアップする早川史哉選手=新潟県聖籠町で2019年2月25日11時49分、福田智沙撮影

 サッカーJ2新潟のDF早川史哉選手(25)が白血病を乗り越え、3季ぶりにクラブに戻ってきた。約1年に及ぶ入院生活で骨髄移植を受け、懸命にリハビリを重ねてきた。開幕から2節はベンチ入りがかなわなかったが、再び公式戦のピッチに立つ日を夢見ている。【福田智沙】

 2月25日、前日の開幕戦で出場ならなかった早川選手は新潟県内のクラブのグラウンドにいた。大学生との練習試合に左サイドバックで出場。まだ体力も試合勘も戻らない「7割の状態」だが、表情は晴れやかだった。「再びボールを追うのは不可能な夢だと思う時期もあった」

 名門・筑波大で主将を務め、2016年、当時J1の新潟に入団した。開幕戦から先発出場し、順風満帆に走…

この記事は有料記事です。

残り946文字(全文1251文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  3. 台湾、南太平洋キリバスと断交 外交関係のある国は15カ国と最少に

  4. 職場で体調崩し、女性は死亡した 119番まで「3時間40分」早められたのか

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです